HOME > 新着情報 > 2017年

2017.5.1

コラム「芦田均日記 尾崎咢堂先生を訪ふ」

 
今年は1947年(昭和22年)の日本国憲法公布から70周年の節目を迎えます。
咢堂・尾崎行雄はわが国における二つの憲法、明治憲法(大日本帝国憲法、1890.11.29~1947.5.3)と現行憲法(日本国憲法、1947.5.3~)、それぞれの施行に立ち会った唯一の国会議員でもあります。
 
果たして尾崎の眼には、現在の私たちが享受している憲法の公布と施行はどのように映ったでしょうか。
尾崎は自らの著書『民主政治読本』において「明治憲法と比べて、数段立派な憲法である」と評しながらも、「しかし国家は、いい憲法があれば栄えるというものではない。もしいい憲法がありさえすれば国家が栄えるものなら、滅びる国家はない」と看破しています。
 
さて、日本国憲法の制定前後をめぐる動きの中でも貴重な資料のひとつに『芦田均日記』があります。
その中で、新憲法の施行を間近に控えた1947年4月、憲法改正特別委員会委員長の立場にあった芦田が尾崎行雄を訪ねる場面があります。 
憲法の是非や国体論に関しては人の想いもさまざまですが、あくまでも主義主張や信条を超えた「記録のひとつ」として以下に引用致します。

芦田均日記

 
------------------------------------------------
 
尾崎咢堂先生を訪ふ
 
五月三日の憲法施行式日の挨拶に国会側から出す人が見当たらないので尾崎咢堂を煩わす外なしと決して使者をもって依頼したが拒否された。 そこで四月二八日午前九時四十分、私は逗子風雲閣の裏門から咢堂翁を訪ねた。
 
応接間に通されて廊下で翁と対座した。見下した逗子海岸の風光はよろしい。然し応接間の障子は破れ、電灯のシェードも破れてゐる。禅寺の庫裡とも言ふべき有様だ。私は自分の心に贅沢心の潜むことを恥じた。
 
私はゴム管を通じて翁と談ったが、私のくり返しての依頼にも翁は頑として応じない。ついに令息の行輝氏が現れて、「唯今聞いていると芦田さんの話が尤もだと思います。お父さん、御受けになったら宜しいでしょう」という。
 
翁は「お前が出て断つて呉れると思ったら、反対のことをいふ」と抑えて、更に私に向って「この通り親と子供との意見も違う。世間はなかなか私の思う通りにならぬ」。
そう言って応諾の気色もない。そして「折角の御来訪であるから、今日一日考えて御返事することにしましょう。但し明日お答えすると言ふのは決して承諾するという意味ではありませんよ」と付け加えられた。
私はもうだめだと思つたが、これ以上仕方がないので令息に万事を依頼して其話を打ち切った。咢堂翁の談片を思浮かべるまゝに誌すと次の通りだ。
 
「私は日本の将来を悲観してゐる。占領軍が撤退したら内乱が続くのであろう。占領軍がいるのに政党等が争つていてどうなる」。
 
「憲法にしても今度の改正憲法が永く行われるとは思はぬ。だから憲法の施行が芽出たいとは感じられない。だからといつて施行式の席でそういふ話も出来ないではないか」。
 
「此際は挙国一致内閣を作るんだ。それ以外に手はない」。
 
「この話は誰にもしない話だが、実は私は陛下が憲法実施を機会に御退位になるのが本筋と考へる。この点を陛下に奏上したいと考へてゐるが、陛下は果して戦争の道義的責任を感じてゐられるであらうか。実は昨年以来内謁見を頻りにすゝめられて、仲介に立つ人もあるが、其点について確たる見通しがなければ奏上もできないし、仲介者にも此際内謁見を受諾するとは言はない所以だ」。
 
私は、陛下が道義的責任について充分御考へになつてゐると信じますと答へた。あゝそうですか、と翁は頗る「さもありなむ」顔付きであつた。
 
次に「共産党はまだまだ殖える。あれ程永い間政府にいぢめられたら、復讐心ももえるのが自然でしよう。尤も野坂君にはさような感じはないようだ」、と言はれた。
 
私は依頼の件は所詮駄目と感じて少々鬱陶しい気持で辞去した。半日の間雨にぬれ、坂道の危険を冒して何の得るところもなかつた。
 
翌二十九日、尾崎行輝氏から電話で翁が承諾されたと通知があつた。
私はホッとした。

2017.4.24

衆議院・日本国憲法施行70周年記念展示のご案内

本年は1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行されて70周年の年にあたります。
衆議院・憲政記念館では、これを記念して、日本国憲法が歩んできた道程とその時代背景を中心に、関係資料や関係人物の書・絵画及び写真などにより紹介いたします。

 日本国憲法施行70周年記念


展示期間:平成29年4月27日(水)ー5月30日(火)
開館時間:午前9:30~午後5:00

※入館は午後4:30までとなります。
※4月28日は臨時休館となります。

 
【衆議院 日本国憲法施行70周年記念特設ページ】
http://www.shugiin.go.jp/70kenpou

2017.4.15

尾崎行雄記念財団 共催講演会のご案内(共催:一般社団法人日本安全保障・危機管理学会 防災・テロ対策研究会)

 

西修

テーマ「憲法と緊急事態条項
 
打ち続く巨大災害や迫り来る国際テロリズムの脅威を考える時、我が国の憲法、法制度においても緊急事態に関する条文整備を検討すべき状況が近づいているように思われます。そこで今回は、憲法と緊急事態条項の問題について、我が国を代表する憲法学者の一人、西修先生のお話を伺い、大いに学びたいと思います。貴重な機会ですので、多くの方々のご参加をお待ちしております。
 
【講師】
西修(にし おさむ)氏
駒澤大学名誉教授
 
【略歴】
1940年富山県生れ。早稲田大学政治経済学部を経て同大学大学院で憲法学を学ぶ。防衛大学校専任講師、駒澤大学法学部助教授を経て同大学法学部教授。2011年3月退職。現在、同大学名誉教授。政治学博士、法学博士。
 
【日時】2017年5月23日(火)午後6時~8時(受付5時30分~)
【場所】憲政記念館・第2会議室
【会費】2,000円(当日受付にてお支払ください。)
  
■お申込み方法
 
:メールにてお名前とお電話番号を、財団アドレスまでお知らせ下さい。
  info(a)ozakiyukio.jp ((a)を@に変えてください)
 
2:下記の申込み用紙をご記入の上、メールまたはFAXでお申込みください。
 apply_20170523.doc

2017.3.26

コラム「咢堂が語る弟・行隆」

 尾崎行雄の書籍は当財団でも何冊か復刻を行っていますが、過去の著作に関しては「Google Books」などでもお読みいただけます。
 
尾崎行雄が家族に触れている著述はそれほど多くなく、最初の夫人・繁子や後の夫人・テオドラ、またわが子については幾つかの書籍で目にすることができますが、弟の行隆に関する記述は殆ど見られません。
1937年(昭和12年)に刊行された『咢堂自伝』によると、保安条例により東京退去を命じられた尾崎は3年ぶりに上海から帰って来た弟の行隆を伴い、1888年(明治21年)1月31日に横浜港を発っています。

その後アメリカを経由して尾崎はイギリスを目指しますが、この渡航は行隆にとっても人生の節目となったようです。
文中の「ジレット氏」は、シャーロック・ホームズ役として有名を馳せた俳優、ウィリアム・ジレットです。

------------------------
「英国行」

4月の末には、ワシントンはにわかに暑くなった。ニュー・ヨークに引き返したが、やはり暑くて毎夜眠れない。私は、殊に暑熱に弱いため、とても耐えられなかった。そこで、早く欧州へ行こうと思ひ、弟をニュー・ヨークに置いて、単身大西洋を渡った。
逐客の身となっても、尚この行に、弟を伴うことを忘れなかったのは、弟を自分の好い秘書に仕立てたいと云う考えを持っていた為である。私の頭には、その頃-今でもそうであるが-経国済民の志望よりほかに何物もなかったので、弟をも私附属の政治家に育て上げようと考えたのである。ところが、弟は文学が好きで、米国に来ると、私の考えには頓着なく、文学方面に向かってしまった。
あるいは、兄貴はとても自分を秘書に使うほどの大政治家にはなれまいと、見切りをつけたのかも知れない。

そんな訳で、私の渡欧後も独り米国に残って、文学研究に精進し、やがては劇団に身を投じて、舞台に立った事もある。
後には、米国屈指の名優ジレット氏に付従し、一生米国で暮らす事になり、今日でもなお米国に居る。
畢竟私が弟を使うほどの身分になれなかった為であろう。
(以下略)
------------------------

血を分けた兄弟が異国の地で生活をしているという事実は、尾崎行雄の対米観にも少なからず影響を与えたものと思われます。
ワシントンに贈った桜や、90歳を過ぎてからの最後の訪米も、弟という存在を意識することで新たな意味が生まれます。

Google Books『咢堂自伝』 
https://books.google.co.jp/books?id=sdgHL2dhEI4C

咢堂自伝 

2017.3.11

第19期咢堂塾 塾生募集のお知らせ

 尾崎三女・相馬雪香が1998年に設立した人材育成塾「咢堂塾」は、これまで540名以上の地域リーダーや政治家を世に送り出してきました。
 このたび、第19期の募集を開始いたしますのでふるってお申込みいただけると幸いです。
また、これまで震災復興支援事業として続けて参りましたオンライン受講プログラムにつきましては、今期より大幅に範囲を拡大します。
東日本大震災・熊本地震をはじめとする激甚災害指定地域出身および在住の方は、協賛企業等の助成により受講費用を全額免除致します(ただし入塾式および卒塾式への参加に伴う交通費は、自己負担となります)。
免除対象の地域および免除資格の詳細については、財団事務局までお問い合わせください。

 第19期咢堂塾
第19期咢堂塾

 
【尾崎行雄記念財団 咢堂塾トップページ】
http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/
  
【内閣府防災情報ページ 激甚災害制度】
http://www.bousai.go.jp/taisaku/gekijinhukko/

2017.2.26

期間限定・賛助会員募集キャンペーンのご案内

 当財団の活動は、おもに皆様からの賛助会費と、催事への参加費(受講料など)によって支えられています。
会員特典は個人会員、特別メンバー、法人・団体会員など分かれますが、このたび入会促進キャンペーンとして、期間限定で新たな特典を追加いたします。

尾崎行雄記念財団「世界と議会」

財団会員の皆様には季刊『世界と議会』をご案内しております。
このたび、2015年春号より復刻連載中の『尾崎行雄伝』第1章から最新・第6章までを収録したバックナンバー(計6号)をキャンペーン期間中の追加特典として進呈いたします。
第1章からまとめてお読みいただける、またとない機会です。

『尾崎行雄伝』沢田謙著
 第1章 少年の日
 第2章 福沢門下
 第3章 文筆生活
 第4章 明治の大政変
 第5章 自由民権
 第6章 改進・自由の泥仕合

バックナンバー詳細につきましては、「世界と議会」ページをご参照いただけると幸いです。

【世界と議会】
http://www.ozakiyukio.jp/wp/latest-issue.html
また、同キャンペーンは予定のセット数がなくなり次第終了いたしますので、是非ともこの機会を見逃しなくお申込みいただけると幸いです。
 
【尾崎行雄記念財団・入会のご案内】
http://www.ozakiyukio.jp/invitation.html

2017.2.23

2016年度「政経懇話会」のお知らせ

本会は、国会議員や専門家を講師に招き、国内外の様々な課題について考えるとともに、参加者同士の交流を深めることを目的とする立食つきの勉強会です。
今回は、駐日モンゴル国特命全権大使のソドブジャムツ・フレルバータル閣下をお招きし、モンゴル国と日本との友好の歴史を振り返りつつ、両国の連携によって、いかにアジアひいては世界の平和・発展に寄与できるかについてお話し頂きます。
大変貴重な機会ですので、ぜひご参加下さい。
 
 
テーマ:「モンゴル国と日本の絆-世界の平和と発展に向けて-」
講 師:ソドブジャムツ・フレルバータル 閣下(駐日モンゴル国特命全権大使)
 

1951年生まれ。モンゴル国ウランバートル市出身。1971年、モンゴル国立教育大学卒業。76年、旧ソ連・モスクワ国際関係大学卒業。同年、外務省アジア局。81年~87年、駐日モンゴル国大使館理事官・三等書記官。87年~89年、外務省アジア局二等書記官。89年~91年、旧ソ連・外交アカデミー修了。91年~96年、外務省アジア・アフリカ局長。97年~2001年、駐日モンゴル国特命全権大使。02~05年、外務省政策企画・情報・評価局顧問。05年~08年、外務省アジア局長。08~11年、駐朝鮮民主主義人民共和国モンゴル国特命全権大使。2012年1月より、駐日モンゴル国特命全権大使。
 
【日時】 2017年3月15日(水) 午後6:00~7:50(5:30より受付開始)
【会場】 憲政記念館 レストラン「霞ガーデン」
【会費】個人会員及び咢志会会員は6000円(一般8000円)
【内容】 講演(約1時間)の後、立食懇親会(約50分)。
【お申込み方法】
尾崎財団まで、3月10日(金)までにお申込み下さい。
会費は当日受付にてお支払いください。
(10日以降のキャンセルはお受けできません)
 
1:お問い合わせフォームよりにてお名前とお電話番号をお知らせ下さい。
尾崎財団 お問い合わせフォーム>>
 
2:メールにてお名前とお電話番号を、財団アドレスまでお知らせ下さい。
info(a)ozakiyukio.jp ((a)を@に変えてください)
 
3:下記の申込用紙をご記入の上、メールまたはFAXでお申込みください。
apply_20170315.doc

2017.2.1

尾崎行雄記念財団 共催講演会のご案内(共催:一般社団法人日本安全保障・危機管理学会 防災・テロ対策研究会)

新井雄治

テーマ「311から6年―あの時、何が起こったか?あれから何が変わったか?

 東日本大震災から6年。震災の時に福島第一原発への注水作業の実質的な最高指揮官だった新井雄治元東京消防庁総監に、その貴重な経験を語って頂き、あの時に何が問題だったのか、それが6年の歳月を経てどこが改善され、どのような課題が未だ残されているか等に関して語って頂きます。
大変貴重な機会ですので、多くの方々のご参加を待ち申し上げております。

 
【講師】
新井雄治(あらい ゆうじ)氏
元東京消防庁消防総監

【略歴】
東京都生まれ。法政大学卒。昭和50年東京消防庁入庁、調布署長、防災部長、警防部長、同庁次長兼人事部長。平成21年7月消防総監。東日本大震災における福島第一原発注水を実質的に指揮。平成23年7月東京消防庁消防総監を退任後、公益財団法人日本防炎協会理事長等を歴任。平成27年6月より公益財団法人東京防災救急協会理事長。
 
【日時】2017年3月9日(木)午後6時~8時(受付5時30分~)
【場所】憲政記念館・第2会議室
【会費】2,000円(当日受付にてお支払ください。)
  
■お申込み方法
 
:メールにてお名前とお電話番号を、財団アドレスまでお知らせ下さい。
  info(a)ozakiyukio.jp ((a)を@に変えてください)
 
2:下記の申込み用紙をご記入の上、メールまたはFAXでお申込みください。
 apply_20170309.doc

2017.1.30

コラム「大統領の椅子とCSR」

当財団ならびにリーダー育成塾「咢堂塾」の運営を長年にわたり支えて頂いているタカラベルモント株式会社(http://www.takarabelmont.co.jp/)。
同社の電動理容椅子はかつて世界シェア100%を誇り、現在でも世界のトップに位置付けられています。
先日ですが、民放メディアで同社の取り組みが紹介されました。
番組は2月2日までインターネット上でも視聴いただけますのでアクセス視聴いただけると幸いです。
 
http://www.mbs.jp/otonakai/

番組内でも取り上げられましたが、アメリカのバラク・オバマ前大統領が愛用しているシカゴの理髪店「Hyde Park Hair Salon」では同社のバーバーチェアが導入され、ホワイトハウスの執務室とならぶ「もうひとつの大統領の椅子」としても知られています。
執務室の椅子が「もっとも緊張を強いられる椅子」ならば、理髪店のそれは「もっともリラックスできる椅子」そう表しても差支えないでしょう。



(写真1枚目:米・シカゴトリビューン紙より。2枚目:英・インターネットメディア「COMPLEX」より)

[Chicago Tribune]
http://www.chicagotribune.com/news/opinion/commentary/ct-obama-portraits-chicago-homes-20170118-003-photo.html
[uk.complex.com]
http://uk.complex.com/style/2017/01/president-barack-obama-barber-zariff-interview

そんな同社の社会的責任に基づく活動(CSR)は、実に多岐にわたります。
そのうちの一つが、当財団理事・石田のブログでも取り上げた「旧真田山陸軍墓地の維持・整備」事業。
そしてもうひとつが、当財団のリーダー育成塾「咢堂塾」復興支援枠の後援です。
 
2011年に発災した東日本大震災や、昨年発災の熊本地震など、被害に対する物質的な支援や財源的な支援は政府や自治体の主導で進められています。
一方、そこに住まう人の心的な支援復興は、行政だけではままならないのではないか。
そういう声が財団の内外で上がり、咢堂塾では3年前の16期から被災地からの入塾助成を続けて参りました。
われわれ尾崎財団は2017年も、同社をはじめ後援・協賛企業の皆様とともに、咢堂塾やその他の活動を通じての災害復興支援を続けて参ります。
 
当財団のこうした取り組みは、多くの個人会員の皆様、また企業会員の皆様によって支えられています。
改めて日ごろのご支援に感謝申し上げると共に、後援企業の取り組みにも注目いただけると幸いです。
 
 

2017.1.1

2016年活動御礼(理事・事務局長 石田のブログより)

会員・ご協力者の皆様へ
 
本年も多大なるご支援ご協力を賜り、誠に有り難うございました。
お陰様をもちまして、以下の公益活動(有権者啓発、人材育成、東北被災地支援)を行うことができました。
これらの事業は、すべて皆様からの年会費・参加費によって運営されております。当財団役員一同、ここに厚く御礼申し上げます。

(1)機関誌『世界と議会』(春号・夏号・秋冬合併号)を計3000冊発行し、国会・地方議会議員、自治体、図書館、公共施設へ配布しました。特に、財団60周年を記念し復刻した『尾崎記念会館・時計塔建設記』を掲載した秋冬合併号は、憲政記念館の歴史を知る貴重な資料として、多くの国会議員に読まれ、高い評価を頂いております。

(2)危機管理・災害対策等をテーマにした共催講演会を7回、憲法・日本政治をテーマにした「政経懇話会」を2回、伊勢市及び都内の出張講演(テーマは尾崎行雄・18歳選挙など)を4回、計13回の講演事業を行いました。特に、財団設立60周年記念講演会(小川和久氏「世界の平和をフィクションで語るなかれ」)では、内外から多くの方々にご参加頂き、世界情勢と安全保障について深く学んで頂きました。

(3)リーダー育成の「咢堂塾」も今年で18期目を迎えました。今期は全国から15名を選抜し、すでに15回講義を終え、来年2月に卒塾します。また、引き続き東北復興支援の一環として被災地にオンライン講義を無料公開しています。特に、今月開催した特別公開講座(長峯基氏「論語と佐藤一斎・言志四録」)では、塾生以外にも多くの方々にご参加頂き、貴重な人間学を学んで頂きました。

(4)本年も2つの記念事業を行いました。
①「財団設立60周年記念『18歳からの投票心得10カ条』(石田尊昭著)出版記念パーティー」を6月に開催。収益はすべて「18歳選挙啓発/出前講座/主権者教育アンケート調査」ならびに被災地教育支援に充てました。 
②「財団設立60周年・感謝の集い」では、「NPO法人咢堂香風」、「尾崎行雄を全国に発信する会」、「NPO法人一冊の会」に感謝状を、また咢堂香風の土井孝子理事長に特別感謝状を、当財団会長の大島理森・衆議院議長より贈呈しました。また記念DVD『財団設立60年の歩み―創造と継承、そして未来へ』を作成・頒布しました。このDVDは現在、憲政記念館で常時放映され多くの来館者にご覧頂いています。 
両事業には延べ300名の方々にご参集頂き、尾崎行雄や財団の歩み・記念館の歴史について深く学んで頂きました。

(5)ホームページやフェイスブック(毎日更新!)など、インターネットでの情報発信を積極的に行いました。今日現在も全国から多数のアクセス(閲覧)があり、尾崎行雄や日本政治の関連情報を多くの方々にご覧頂いています。

当財団はこれからも不偏不党の立場で、有権者啓発・人材育成・被災地支援に取り組んで参ります。
新年も引き続き、ご支援ご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

平成28年12月吉日
一般財団法人尾崎行雄記念財団
理事・事務局長 石田尊昭
 
  
石田尊昭ブログ 永田町の桜(http://ishidat.blog20.fc2.com/)
  
----------------------------------------
 
皆様、本年も宜しくお願い申し上げます。
 
一般財団法人 尾崎行雄記念財団一同