HOME > 新着情報 > 2024年

2024.04.01

『世界と議会』2024年春号発行のお知らせ

特集:尾崎三女・相馬雪香没後15年

 相馬雪香の歩み/相馬雪香の言葉
「記念の集い」開催報告
 講演「相馬雪香先生との思い出の数々」/土井孝子
 講演「相馬先生から引き継いだFAWAの取り組み」/大槻明子・小山志賀子

歴史資料から見た尾崎行雄

 第9回 尾崎行雄日記と「新日本」/高島笙

■連載『尾崎行雄伝』

 第22章 普選と軍縮

■INPS JAPAN

「核兵器の物語は終わっていない」/カイ・バード(『オッペンハイマー』著者)

■「咢堂ブックオブザイヤー2023」選考結果

■財団だより

2024.3.19

尾崎行雄記念財団・特別対談のご案内


テーマ「これからの日本とリーダーのあり方~尾崎行雄と笹川良一の人物像を通じて~

内外に様々な課題を抱える日本。政治も経済も閉塞感が漂うこの国に今、本当に必要なものは何か。「議会政治の父」と呼ばれる尾崎行雄と、「右翼のドン」と呼ばれる笹川良一。思想的に対立する二人だが、それぞれの信念と行動を見ていくと、意外な繋がりが浮かびあがる。二人の人物像、歩んだ歴史を振り返りながら、これからの日本、そしてリーダーのあり方を考える。

笹川能孝(ささかわ・よしたか) 一般社団法人笹川経済支援機構代表理事
1968年生まれ。昭和時代に活躍した政治・経済・芸術の怪物たちから様々な薫陶を受けた「笹川第三世代」のスポークスマンを担う。また、中小企業経営者の「対話人」として約20年にわたり、産業振興、地域振興に取り組む。

石田尊昭(いしだ・たかあき) 一般財団法人尾崎行雄記念財団理事・事務局長
尾崎行雄の三女・相馬雪香(そうま・ゆきか)とリーダー養成塾「咢堂(がくどう)塾」を発足(咢堂は尾崎行雄の雅号)。尾崎や日本政治をテーマに執筆・講演。著書に『政治家の条件』『18歳からの投票心得10カ条』『民主政治読本』『心の力』など。

【日時】2024年4月24日(水)午後6時~7時45分(受付5時30分~)
【場所】憲政記念館(代替施設)1階 会議室 (永田町1-8-1)
【参加費】 2,000円
【定 員】  先着30名
☆参加者全員に笹川能孝氏の新著『日本人最後のファンタジスタ〜非暴力&非服従の人・笹川良一物語』 を差し上げます。また、石田尊昭氏の著書『政治家の条件』を特別割引で限定販売いたします。

■お申込み方法
参加ご希望の方は、お名前、メールアドレス、お電話(携帯番号)を、尾崎財団アドレスinfo@ozakiyukio.jp へ4月20日(土)までにお送りください。
 apply_20240424.docx

皆様のご参加を、財団スタッフ・共催者一同お待ち申し上げます。

2024.3.15

憲政記念館広報紙「憲政だより 時計塔」発行のお知らせ


憲政記念館が発行しているオフィシャルペーパー「憲政だより 時計塔」。
令和6年春季・第039号が発行されました。
企画展示のお知らせや記念館の周辺情報、好評連載中のオーラルヒストリーなど、見学をより楽しめる情報が満載です。

【春季号の主な内容】
・企画展示「議会政治の軌跡-(3期)デモクラシーの行方/(4期)憲政の常道」のご案内
・もうひとつの議会史-職員オーラルヒストリーⅣ 氏原健吾さん(その1)
・衆議院憲政記念館の案内映像公開のお知らせ
・館内・庭園散歩


【URL】
憲政記念館ホームページ(http://www.shugiin.go.jp/

2024.2.19

尾崎行雄記念財団 共催講演会のご案内(共催:グローバル・イッシューズ総合研究所 協力:株式会社近代消防社)


(近影出典:https://twitter.com/yokoek


テーマ「米国大統領選挙の展望」
今年の米国大統領選挙は、どのように展開していくのでしょうか?そして選挙後の米国政治は、どうなるのでしょうか?
予備選挙の天王山スーパー・チューズデーの結果を踏まえて、アメリカ政治の専門家に解説して頂きます。貴重な機会ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

【講師】横江 公美(よこえ くみ)氏(東洋大学国際学部 グローバルイノベーション学科教授 博士(政策)
【略歴】
松下政経塾でアメリカ政治の研究を開始する。プリンストン大学、ジョージワシントン大学客員研究員を経てVOTEジャパン(株)取締役社長。博士号取得後、アメリカのシンクタンク、ヘリテージ財団の上級研究員を務め、現職。テレビ番組「ひるおび」「朝ズバッ!」「グッディ!」などのレギュラーコメンテータを務め、アメリカ政治解説でNHKなど出演多数。
著書に『トランプ大統領でアメリカは崩壊する』『第五の権力 アメリカのシンクタンク』『日本にオバマは誕生するか』など。

【日時】2024年3月25日(月)午後6時~7時45分(受付5時30分~)
【場所】憲政記念館(代替施設)1階 会議室 (永田町1-8-1)
【参加費】 2,000円
【定 員】    40名
※建替工事のため一時的に移転している「憲政記念館・代替施設」で行います。これまでの場所のほぼ向かい側(徒歩1分)、「国会参観バス駐車場横(北)」に建てられています。会場へは1階正門からお入りください。
※地下鉄など公共の交通機関をご利用ください(丸の内線「国会議事堂前」/半蔵門線「永田町」)。

■お申込み方法
参加ご希望の方は、お名前、メールアドレス、お電話(携帯番号)を、尾崎財団アドレスinfo@ozakiyukio.jp へ3月22日(金)までにお送りください。
 apply_20240325_01.docx

皆様のご参加を、財団スタッフ・共催者一同お待ち申し上げます。

2024.01.04

憲政記念館企画展示「議会政治の軌跡(3期)」のご案内


衆議院憲政記念館(東京都千代田区永田町1-8-1)では令和5年7月1日(土)から令和6年6月29日(土)まで、「議会政治の軌跡」と題して、帝国議会開設後から政党政治の終焉までの経過を4期に分けて、議会に関わる出来事や人物を時代の諸相などとともに展示しています。
3期展示は、1月5日(金)から3月30日(土)まで、副題を「デモクラシーの行方」とし、大正政変後から第二次山本権兵衛内閣瓦解に至る時代の動きを関係資料で紹介しています。

憲政記念館ホームーページ(https://www.shugiin.go.jp/)